家電製品のFAXで、電話と同じに使う場合、着信音の設定をします。常に鳴らす場合と、無音の場合があります。

ここぞという場面で活躍する家電たち

家電製品のFAXでは着信音の設定をする

電話で連絡をすることができるのは便利です。離れていても、用事があるときにすぐに連絡をすることができます。問題は相手が留守のときです。そのときは連絡が出来ません。相手が帰ってくるのを待つ必要があります。最近においては、留守番電話機能があります。そちらに内容を伝えておけば、相手のほうからかけなおしてくれることがあります。ただし留守番電話にはあまり長いメッセージは入れられません。電話で話しなおす必要があります。

家電製品において、FAXが登場してから、電話と似たような使い方、さらにそれ以上の使い方ができるようになりました。留守の時にでも情報を送ることができます。また、紙に書いて送ることができるので、情報量の調節もすることが出来ます。大量の情報のときもあれば、1枚のみのこともあります。家庭での利用もありますが、ビジネスでの利用が多くなっているようです。商品の注文などをこちらで受け付けることがあります。その方が効率的です。

こちらにおいて利用するときには、着信音の設定をしておきます。電話と同じになっている場合、通常はどちらでも音がなります。電話と思ったら、紙がでて来たこともあります。それが面倒と思うなら、無音で着信してくれるものもあります。電話の場合はベルが鳴り、紙が送られてくるときはベルは鳴りません。定期的に送られてきている内容について、調べればよいようになっています。注文を受けるときは、鳴らすタイプが良いでしょう。