家電製品のFAXでは、誤送信をしてしまうことがあります。それを防止する機能がついているものがあります。

ここぞという場面で活躍する家電たち

家電製品のFAXにおいて誤送信防止機能があるもの

電子メールにおいて、誤送信をしてしまうことがあります。送ってしまってすぐに気づいた場合はどうするでしょうか。このときにおいて、送信の取り消しをすることができる場合があります。そうすれば誤って送りはしたけれども、その内容はわかりませんし、誤って送ったことも気づかれません。しかし、相手が常にメールをチェックできる状態だとその機能が使えないことがあります。取り消しをする前に見られるからです。また、送ってから気づくまでの時間が長くてもいけません。

電子メールの誤送信については、誰かにCCメールなどを送るなどしか対処方法がありません。後はどれだけ送信者が気をつけるかになります。誤送信が多いものとしては、家電製品のFAXがあります。こちらも送ってしまってから誤ったと気づいたらもう遅いです。取引先などであれば、電話で連絡をして、書類を破棄してもらうなどになります。個人情報などが入っているものになると会社の信用にも関わってくることになりますから、十分注意します。

自分自身で気をつけることも大事ですが、機械によっては一定の防止機能がついているものがあります。一つは、2度ダイヤルを押すものです。そうすることで、確認をすることができます。また、ダイヤルからの送信が出来ないものもあります。登録している相手にしか送信できないようになっているのです。こちらであれば、間違いで、全く知らない相手に書類を送信することはないでしょう。送信相手の種類によって機能を使い分けるようにします。